銀座Rails#24を開催しました

去る2020/08/28(金)、銀座Rails#24を開催しました。

ginza-rails.connpass.com

togetterのまとめ: togetter.com

スポンサーセッション リンクアンドモチベーションさま

今回は、リンクアンドモチベーション社にエンジニア社員第一号として入社、現在は開発責任者を務めていらっしゃる柴戸さんがご登壇。

まずは開発体制と、提供しているプロダクトであるBtoB向けのMOTIBATION CLOUDなど3つ、BtoC向けのiCompanyClubのご紹介。

そしてリンクアンドモチベーションでのエンジニアの働く環境について、裁量の大きさ、拡大中のプロダクトで働けること、将来なりたい姿+会社がやってもらいたいことを重ねていくための相互理解に力を入れていることなど、その良さについて説明されていました。

採用ページはこちらから。 www.wantedly.com

@morimorihogeさん「出張!Railsウォッチ in 銀座Rails

speakerdeck.com

毎度おなじみ@morimorihoge(森)さん。今回は令和Devise事情と題して、この頃話題となっていたDeviseのお話でした。

まずは事前にTwitterで行ったアンケート結果を共有(前述toggetterのまとめにそのtweetが含まれています)。その内容を踏まえ、Deviseがなぜ敬遠されるのか、その理由について考察。

その上でDeviseのメリットを再考し、更にどのように導入され、その後辛くなっていく...というストーリーを挙げ、どうすればよいのか、テストコードでチェック、一部のみ使いつらいところは避ける、Railsでアカウント管理はしない、などの対策を挙げられていました。

締めの言葉は「それでも自前でフル実装して本番に投入するのはやめておきましよう」

@kamina_zzz(Kaito Minatoya)さん「Rails で Distributed Tracing をやっていく苦難について」

www.slideshare.net

Ubie社にお勤めの@kamina_zzz(Kaito Minatoya)さん。今回はDistributedTracing(分散トレーシング)のお話でした。

マイクロサービスに関連して注目されているDistributedTracingですが、まずはその概念と歴史について説明。

次にUbie社にてどのような条件でそれを採用しているのかの実例を述べ、具体的に検討したミドルウェアやライブラリ、それぞれがサポートされているフォーマット、そして使ってみた上での実際の感触(対応しているはずのものに対応していないとか)について述べられていました。使えない部分はPR出してコントリビュートされているとの事です。

コードでの実現例もあり、これからDistributedTracingを導入しようと検討されている方にはとても参考になるお話だったのではないでしょうか。

@free_world21(小林noel)さん「railsでつくるなんちゃってserverless CMS〜コーポレートサイト編〜」

speakerdeck.com

@free_world21(小林noel)さんは3回目のご登壇。いつもありがとうございます。アツく辛い鉄道プロダクトネタを枕に、今回はコーポレートサイトを作るお話です。

コーポレートサイトを作る必要が出てきた。wordpressが手軽だが、エンジニアにやらせたくないなぁ...という、遭遇したことがある人も多そうなシチュエーション。

そこでRails+AWSで作る決断をし、実際にどのように作ったのか、構成、実装コードなどについて紹介されていました。

さらにその先の野望として、完全ServerlessCMSにしていく計画もあり、その構成案についての共有も頂きました。実現後の再度のご登壇が期待されます。

スポンサーセッション forkwellさま

今回もいつもの重本さんがご登壇。毎回のご支援、ありがとうございます。

何回も来てますが、はじめての方!いたらツイートお願いします!との掛け声から始まり、今回は他にも主催しているインフラエンジニアミートアップについてのご紹介。 なぜそんなことをするのか?それは成長し続けるエンジニアを支援するのがポリシーだから。

毎度おなじみセルフマネジメントサイクルのためにあるある嫌なスカウト、それを仕組みから解消。スパムとサヨナラ、それがフォークウェルスカウト。

またイベント支援は我々だけではなく、ソニーさんも一緒にやっています!との事でした。

jobs.forkwell.com

開発者の募集も引き続き実施中。息をするかのようにテストコードを書く方歓迎!との事です。

jobs.forkwell.com

ゲストスピーカー @sue445さん「Ruby on CI」

今回はゲストスピーカーに@sue445さんをお迎えし、Ruby製のアプリやgemのCIについてのベストプラクティスについてお話頂きました。

まずは自分の属性について、キュアエンジニア、YAMLエンジニア、CIエンジニア、雑用であると自己紹介。 そして本編は、なぜCIをするのか、歴史、その取扱いについてなど、CIについて広く実践的なお話でした。

ここで頑張ってまとめるよりも資料を見て頂くのが一番早いかと思います。CI構築を考える方には貴重な資料かと思いますので、是非ご覧下さい。

speakerdeck.com

次回、銀座Rails#25について

次回銀座Rails#25は2020/09/25(金)、オンラインでの開催となります。

ginza-rails.connpass.com

銀座Rails三周年としまして、LT企画『KaigiEffect』、『RubyKaigiTakeout - Kaigi on Rails座談会』(@a_matsudaさん、 @ogijunさん、@okuramasafumiさん)、『ここに注目!Kaigi on Rails』(@okuramasafumiさん、 @yu_suke1994さん) の三本立てですとなります。

なおLT企画『KaigiEffect』では、LT発表者を募集しています。 RubyKaigiからあなたが受けた影響、RubyKaigiでのあなたの体験を、あなたの言葉で自由にお話し下さい!

パーフェクトRuby on Rails【増補改訂版】は良い

今日の朝技術評論社の電子版を購入したので、ざっと読んでみました。

感想

歳を取ってくると指導的なお仕事も増えてきまして、指導にあたり「未経験者 / 初級者の方にどうやって階段を作っていくか」を意識することが大切なんだなぁと日々感じております。

その階段の高さに適切な書籍等があるととても嬉しいなと思うのですが、

ここ1〜2年で ゼロからわかる Ruby 超入門 (かんたんIT基礎講座) 現場で使える Ruby on Rails 5速習実践ガイド Ruby on Rails 6 エンジニア 養成読本 Software Design plusなど新しい書籍が何冊か出ており、Rails TutorialやRails Guideなどと合わせてだいぶ足回りを固めやすくなって来て、大変ありがたい世の中だなぁと感じるのであります。

そんな中で今回出版されたこちら。

読んでみると、Railsを使って開発している間にどこかで覚えたり使ったりすることになる、という知識が本編からColumnまで満載です。

全部をじっくり読んでもよし。ざっと頭に目次を入れてなにか課題があったときに「あ、そういえばパRailsに書いてあったな」と引っ張り出して来るのもよし。どう解決しようかな〜と実務で考えている時に、目次から対象となる記事を探して利用するもよし。

今この時に手元に置いておいて、まったく損の無い良い本だなぁと思いました。

それぞれの情報の信用性につきましても、コミュニティでよく顔を合わせたり、一緒にプロジェクトを立ち上げたり、学生時代から付き合いがあったりする友人知人が著者として名を連ねており、彼らが現場で実際に戦っており、その仕事ぶりの一部を知る人間としてもオススメできる信頼の一冊です。

二年に一回位出ないかなぁ...と正直なところ思います(が、その作業の膨大さから人生の意味を問いながら書く彼らを見ていると、そんなお願いをするのも心苦しいのであります)

ということで、たいへんオススメの一冊でした。

銀座Rails#23を開催しました

去る2020/07/04(土)、銀座Rails#23を開催しました。

ginza-rails.connpass.com

togetterのまとめ: togetter.com

スポンサーセッション リンクアンドモチベーションさま

リンクアンドモチベーションさまからは、今回も磯崎さんがご登壇。 初の土曜日開催ということで、主に会社に関する情報についてのお話でした。

BtoBだけでなくBtoCにもサービスを展開しており、それらの開発者を募集しているとのこと。 上場企業である安定した労働環境と、チャレンジできる開発組織を併せ持っているので、興味がある方は是非応募して欲しい、とのことでした。

採用ページはこちらから。 www.wantedly.com

@morimorihogeさん「出張!Railsウォッチ in 銀座Rails

speakerdeck.com

毎度おなじみ@morimorihoge森さん。今回はActiveRecordにおけるSELECTのベンチマークを取るお話でした。

ActiveRecordはデフォルトでSELECT * なSQLを発行することが知られていますが、これをカラムを絞り込むことで、スピードやメモリ使用量にどのような影響があるのか。 selectの有無、カラム数の違い、メンバ参照の有無などのパラメータを変えた上で、実際にベンチマークを取った結果を共有されていました。

@yahondaさん『「再現ケース」の必要性とその難しさ』

speakerdeck.com

今回の本多さんの発表は『「再現ケース」の必要性とその難しさ』と題し、普段活動されているRubyRailsの開発時の再現ケースの報告に関するお話でした。

例えば開発中のRubyの変更によって、開発中のRailsのCIが落ちた場合、再現ケースを作った後、Rails側に報告するのか、それともRuby側に報告するのか。 それぞれのメリット・デメリットについて考察の後、実際に報告した事例について共有頂きました。

ゲストスピーカー k0kubunさん「JIT on Rails

今回はゲストスピーカーにRubyコミッターのk0kubunさんをお迎えし、「JIT on Rails」と題して、皆さんが気にされているJITによるRailsの高速化の現状についてお話頂きました。

まずは最近作られたOSSrspec-openapiの紹介から。個人的にはちょうどOpenAPI2のDocumentをOpenAPI3形式に書き換える課題を持っており、気になるお話でした。

github.com

そして本題のJITについて、まずは現在の性能についてベンチマークを共有。Rubyのversionが2.6から3.0に向かって上がっていくにつれ、「今日ふと思いついて早くした」箇所含めVMの性能にJITが近づいていくことが確認でき、それぞれの性能改善では何を実施したのかについてお話頂きました。

次にRailsにおけるボトルネックについて、OptcarrotとSinatra,Railsとでベンチマークに差が出るのはどこか、「CPUの気持ちになって」どのレイヤーがボトルネックになっているのか共有。

さらにCからRubyに書き換えると早くなる事例についてのお話や、今後のJITアーキテクチャについて、実施すること、したいことについてお話頂き、「JITによる最適化が困難なところの足回りを整えている段階」「Railsが速くできるまでの道のりは長いが、3.0でも着実に進捗している」とまとめられていました。

speakerdeck.com

スポンサーセッション forkwellさま

今回はトリで重本さんがご登壇。 いつものありがたいキャンペーン情報についての共有や、スカウト機能について、その意義とエンジニアにとっての不都合の部分を省いた素敵な仕様についてご共有頂きました。

https://jobs.forkwell.com/jobs.forkwell.com

また開発者の募集もされているとの事です。

https://jobs.forkwell.com/grooves/jobs/5467jobs.forkwell.com

次回、銀座Rails#24について

次回銀座Rails#24は2020/08/28(金)、オンラインでの開催となります。

ginza-rails.connpass.com

ゲストスピーカーには @sue445 さんをお招きし、「Ruby on CI」と題して、Ruby製のアプリやgemのCIについてのベストプラクティスをお話頂きます。 参加者、登壇者募集中です。

銀座Rails#22を開催しました

去る2020/06/12(金)、銀座Rails#22を開催しました。

ginza-rails.connpass.com

togetterのまとめはこちらから。 togetter.com

スポンサーセッション リンクアンドモチベーションさま

リンクアンドモチベーションさまからは、今回も磯崎さんがご登壇。

今回のお話は、主にリモートでの業務の工夫などについて。 ひげ率が高まったり、コミュニケーションを深めるためにプレゼント企画を実施したり、社員発案でみんなでストレッチをする時間を取ったりなど、様々な工夫をされているとのことです。

引き続き採用を行っているとのことで、募集ページや組織の紹介についてお話されていました。

採用ページはこちらから。 www.wantedly.com

@morimorihogeさん「出張!Railsウォッチ in 銀座Rails

speakerdeck.com

毎度おなじみ@morimorihoge(森)さん。いつもありがとうございます。

今回はRubyCLIプログラムを書くためのお話でした。

まずはRubyCLIプログラムを書くための基本を説明。Option parserの具体的な用途を例示し、その便利さに参加者の方からも「便利だ〜」との声が。

他にもOpen3やShellwords、ERB、DATA(FileObject)など、CLIプログラムを作る時に便利な組み込みライブラリが紹介されました。

@masa_iwasakiさん「不安定テストを生み出すCapybaraを調教する」

docs.google.com

二度目のご登壇となる@masa_iwasakiさん。今回は、ほんとは通るはずなのに、redになってしまう「不安定テスト」への対策のお話です。

まず「不安定テスト」について、落ちる可能性のあるテストの書き方が原因の一つであると説明。

その対策として、findの挙動を知り正しく要素をfindする、セレクタ力を高める、設定によって便利にしていく、などのTipsを紹介の上、「Capybaraを調教すると述べたが、調教が必要なのは(使用する)我々の方であった」ときれいにまとめられていました。

スポンサーセッション forkwellさま

いつもお世話になっているforkwellさまから、これまたいつもお世話になっている重本さんがご登壇。

エンジニアの成長サイクルに有用な勉強会、しかし全部行ってたら大変。それに変わるコミュニケーションがスカウトだが、普通のスカウトはスパムのようだ... その不都合を解消したスカウト、一括送信なし、周辺ツールの判別性も良好!と、forkwellのスカウト機能についてご説明されていました。

https://jobs.forkwell.com/jobs.forkwell.com

また開発者の募集もされているとの事です。

https://jobs.forkwell.com/grooves/jobs/5467jobs.forkwell.com

ゲストスピーカー 神速さん「Rails on Docker」

今回はゲストスピーカーとして神速さんをお招きし、RailsとDockerを組み合わせる際の様々な工夫についてお話頂きました。

speakerdeck.com

まずはDockerとはなにかについて、歴史的経緯を含めてその役割についておさらいをし、次にRailsとDockerを組み合わせて利用する場合の具体例について例示。

高速化、軽量化のための工夫や、開発でCircleCIのイメージを使う、stgでエラーが出た場合に本番用イメージをlocalで使う体制を整えるなど、実践的なノウハウを共有いただきました。

次回、銀座Rails#23について

次回銀座Rails#22は2020/07/04(土)、オンラインでの開催となります。

ginza-rails.connpass.com

ゲストスピーカーには @k0kubun さんをお招きし、「Ruby 3.0 JIT on Rails」をお話頂きます。 参加者、登壇者募集中です。

銀座Rails#21を開催しました

去る2020/05/15(金)、銀座Rails#21を開催しました。

ginza-rails.connpass.com

togetterのまとめ: togetter.com

@morimorihogeさん「出張!Railsウォッチ in 銀座Rails

speakerdeck.com

今回のトップバッターは毎月恒例、森(@morimorihoge)さんによる出張!Railsウォッチ。 今回は「標準仕様を読むためのABNF」特集でした。

ABNFとは、標準仕様の中で使用されているメタ言語で、RFCW3Cなどで利用されています。

今回の発表ではRFC3339を参照しながら、実際にtimestampをどうABNFで表現するのかについての解説をして頂きました。

@ginkouno「テストがないRailsプロジェクトにテストを足す話」

speakerdeck.com

今回は残念ながら公募枠に応募が無かったため、コンテンツを埋めるべく、私が登壇させて頂きました。応募がありませんと、私の業務日記になってしまいますので...是非皆様ご応募下さい...🙏

内容は前回のアンケートでのご要望に沿い、「テストがないRailsプロジェクトにテストを足す話」でした。 テストを足す目的を明確にし、カバレッジ等の準備をし、不要なコードを消してから、コツコツ足していきましょう、というお話をさせて頂きました。

スポンサーセッション forkwellさま

継続的にご支援いただいたforkwellさま。いつもありがとうございます。 安定の「雑な一括送信などがない」スカウトサービスがついたforkwell jobs。皆様も登録してみてはいかがでしょうか。

限定登録プレゼントキャンペーンだけでなく、フルリモートでのRailsエンジニアの人材も募集されているとの事です。 jobs.forkwell.com

ゲストスピーカー @toshimaru_e さん「Fat Model の倒し方」

今回はゲストスピーカーとして、以前の懇親会にてリクエストがあった @toshimaru_e さんをお招きしました。

speakerdeck.com

タイトルは「Fat Model の倒し方」。 Rails習熟度がある程度高まっているメンバーが開発するプロジェクトにおいて、FatになりがちなのがModel。その解消方法について、Rails Way、Sub-Rails Way、Non-Rails Wayの3つのアプローチに基づいてお話頂きました。

Rails WayはRailsに備わっている機能を使うが手段が少なく、Sub-Rails wayはgemやsassに切り出してFat Modelへの対処を図るが見極めが必要、そしてNonRailsWayには正解は無いが4つの例を例示し、うまく導入できれば強力...など、アプローチ毎の具体例やその性質についてお話されました。

次回、銀座Rails#22について

次回銀座Rails#22は2020/06/12(金)、オンラインでの開催となります。

ginza-rails.connpass.com

ゲストスピーカーは 神速 さん。

Rails on Docker」と題し、Dockerを使ってどのような課題を解決するか、実際にDockerコンテナを作るときのコツなどについてお話頂きます。

現在登壇者一名および参加者を募集中です。

銀座Rails#20を開催しました

去る2020/04/17(金)、銀座Rails#20を開催しました。

ginza-rails.connpass.com

コロナウイルスの影響を受け、今回の銀座Railsもオンラインでの開催となりました。

前回と同じく発表者との相互コミュニケーションツール「CommentScreen」を用いたコメント投稿を実施したため、 togetterのまとめも少なくなっております。ご了承下さい。 togetter.com

スポンサーセッション リンクアンドモチベーションさま

リンクアンドモチベーションさまからは、いつもの通り磯崎さんがご登壇。 リモート勤務になり、「ゼロからわかる Ruby 超入門」を読みながら勉強をはじめているとのこと。今後の発表が期待されます。

セッション内ではBtoB / BtoCで展開している4つのプロダクトを紹介、その中で使われている技術等についてお話されました。 エンジニア募集中との事です。 www.wantedly.com

@morimorihogeさん「出張!Railsウォッチ in 銀座Rails

speakerdeck.com

毎度おなじみ 森(@morimorihoge)さんによる、出張!Railsウォッチ。 今回は「Excelと仲良くするという選択」という、聞いただけでうっと声を出してしまう人も居そうなタイトルでしたが、非エンジニアである運用担当者がExcelでデータを取り扱えるようにするために、エンジニアが出来ることは何か、という現実的なご提案でした。

具体的な例として、テキストでのExcelへのコピー / ペーストなど、実装の手間を抑えつつ、手持ちの手札でなるべく良い成果すためのノウハウをお話頂きました。

@yahondaさん「How to git bisect ruby/ruby repository」

いつもOSS活動への関わりを、わかりやすくお話して下さる 本多(@yahonda)さん。 今回は「How to git bisect ruby/ruby repository」と題し、実際のrubyリポジトリに対し、git bisectの利用して、不具合が発生した原因となるcommitを探すお話でした。

speakerdeck.com

まずはRailsのCIとRubyのversionの関係を解説、実際にRuby2.8.0でのみredになっているRails CI(actionpackのmaster)を例示し、git bisectコマンドを使って対象となるRubyのコミットを見つける手順を、コマンドの実行例とともにお話頂きました。

スポンサーセッション forkwellさま

毎度おなじみ、いつもお世話になっておりますforkwellさま。 今回も「あなたの価値が世界に届くポートフォリオサービス」forkwell、「一括送信のない、市場価値がわかるスカウト」forkwell jobsのサービスの良さをお話頂きました。 そしていつもの限定登録プレゼントキャンペーンに加え、更に今回はforkwellを開発するgrooves社も人材を募集されているとの事でした。 jobs.forkwell.com

ゲストスピーカー すがわらまさのり(@sugamasao) さん「Ruby on Rails6エンジニア養成読本から学ぶRails6.0新機能 + Rails6のRuby2.7対応」

今回はゲストスピーカーとして、「Ruby on Rails6エンジニア養成読本」「パーフェクトRuby on Rails」などの著者である、すがわらまさのりさんをお迎えし、主にRails6のお話をして頂きました。

speakerdeck.com

まずはRailsの機能のなかでも「omakase」な箇所であるWebpackerについて、その使うべき状況はいつなのか考察。次に複数DB機能について、基本的な機能のおさらいと制限事項について考察。

今回はWebpacker、複数DB、並列テストについて、その使い所や制限について解説。またRuby2.7 & Rails6.0の組み合わせについて、現時点ではWarningが出るものの、以前ご登壇頂いた kamipoさんをはじめとする開発者の方々のおかげで次のversionでは大幅に改善しているとの見込みであることを共有されました。

次回、銀座Rails#21について

次回銀座Rails#21は2020/05/15(金)、今回同様オンラインでの開催となります。

ginza-rails.connpass.com

ゲストスピーカーには @toshimaru_e さんをお招きし、「Fat Model の倒し方」についてお話頂きます。 現在参加者募集中です。

銀座Rails#19を開催しました

去る2020/03/19(木)、銀座Rails#19を開催しました。

ginza-rails.connpass.com

新型コロナウイルス感染症の影響で、初のオンライン開催となりました。

当日の様子につきまして、togetterのまとめを御覧ください。 (ただ今回はコメントをCommentScreenにて募ったため、少なめのtweetとなっております...) togetter.com

スポンサーセッション リンクアンドモチベーション

いつも場所をご提供下さっていたリンクアンドモチベーション様ですが、今回はインターネット回線の状況やご家庭の都合でご自宅からのZoomでの配信が難しい登壇者の方への場所の提供をして頂きました。

スポンサーセッションでは、リンクアンドモチベーション社で提供している様々なサービスの紹介をして頂きました。

「出張Railsウォッチ in 銀座Rails」@morimorihoge さん

恒例の出張Railsウォッチ。今回は開発チームの冗長化に関するお話でした。

speakerdeck.com

トラックナンバー(バス係数)」、すなわち「トラック(バス)に轢かれた人がいた場合にプロジェクトが継続できなくなる人数」を意識してみると、その人数が少ない(特に1だったりする場合)、特定のエンジニアに何かと情報が偏りがちな状況というのは、サービスやビジネスが立ち行かなくなる恐れが大きいと考えられます。

そこでRailsプロジェクトにおいて、開発系、運用系などそれぞれのケースで、どのような点が危険で、どのような対策を取れるか、などの実例を挙げて頂きました。

小林ノエルさん「railsとserverless技術で鉄道アプリを作った話〜なぜ僕はrubyでバイナリをパースしたのか〜」

前回は金融業界での開発の話をして頂いた小林ノエルさん。 今回は鉄道プロジェクトのお話です。

speakerdeck.com

とにかく業界特有の慣習により、「ヤバさしか無い」「サンプルもくれない」つらい思いをした小林さんですが、そのプロジェクトをRailsを使い、様々な創意工夫やツールを駆使しRubyでバイナリをパースするなどして完成までこぎ着けた経緯をお話頂きました。

ほんとうにつらそうでした。

スポンサーセッション forkwell さま

いつもご支援頂いているforkwellさま。銀座Railsのオンライン開催につきまして、資金からノウハウ提供までサポート頂きました。

スポンサーセッションでは、forkwellの「嫌なスカウト」ではないエンジニアフレンドリーなスカウトの仕組みを備えた「forkwell scout」のしくみのお話でした。

スポンサーセッション ScoutAPM さま

いつも銀座の地ビールをご提供頂いていたScoutAPMさま。今回オンライン開催となったため、残念ながら地ビールはお預けとなってしまったのが残念ですが、また現地開催となった場合にはサポートいただけるとのことでした!

スポンサーセッションでは、改めてAPMの必要性について解説。

N+1、SlowQuery、TransactionTraceでの分析、github連携など、機能の説明も交え、試したい方にはトライアルでの無料試行が可能とのことです。

ゲストスピーカー f_subalさん「The Majestic MPA」非SPAをまともに開発するために何をするべきか

今回はpixiv社にてフロントエンドエンジニアをされている @f_subalさんをお招きし、Railsとフロントエンドに関するお話をお願いしました。

実際に携わられているpixivFactoryという「フロントエンドが分厚い」「非SPA(=MPA)」のサービスを例として、jQueryやReactなどが混在する状況を、「Universalをあげて規約で殴るという手法」を用いて、それぞれが共存できる土台を作って運用する実例をお話頂きました。

speakerdeck.com

前提となる設計思想から個別のノウハウまで、過去の資料の例示なども含めて知見の詰まった内容で、Railsにおけるフロントエンド開発に悩む参加者の方も「頷きすぎて首がもげる」とコメントされたほど盛り上がりました。

銀座Rails#20について

この記事の次の回にあたる銀座Rails#20、2020/04/17(金)にオンラインにて開催しました。 後ほどレポートを書く予定となっておりますので、しばらくお待ち下さい。

また銀座Rails#21を、2020/05/15(金)に開催予定です。 ginza-rails.connpass.com 現在ご登壇者を募集中ですが、オンライン開催ですので、全国どこからでもご登壇頂けます。時間も5分〜15分まで選択でき、内容のご相談にも乗りますので、お気軽にお申し込み下さい。